住宅ローンの種類について教えて!

一言に住宅ローンと言っても、資金の貸し手による種類、期間による種類の二種類があります。今回は資金の貸し手による種類を考えてみましょう。

住宅ローンは、借り先によって3つに別れます。

1:民間住宅ローン(銀行ローン)

まずは銀行や信用金庫、ろうきんなどが貸し手となる民間住宅ローン。このサイトでは、まとめて「銀行ローン」と呼称します。

選択肢が豊富です。都市銀行・地方銀行・信託銀行・労働金庫・信用金庫・JAバンクなどがあり、それぞれ特色のある住宅ローン商品を出しています。新築マンションのモデルルームに行くと、デベロッパーといくつかの銀行が提携を結んでいることが多く、提携ローンとして紹介されます。

もちろん、提携ローンで借りないといけないわけではなく、自分で探すこともできます。マンションですと、労働金庫やJAバンクなどはご自身で申し込みにいかないと入口が無いかもしれませんね。トップページでは、借入期間と金額から、返済額を自動計算する簡易計算機能を付けましたのでご活用ください。

2:フラット35

2番目の借り先として、住宅金融支援機構が提供する「フラット35」が挙げられます。実行時に金利が確定し、全期間固定ですが、15年以上35年以内であればフレキシブルに選べます。20年以下とすると金利にボーナスが付きます。ネットや銀行で提供される「フラット35」は実はどこで借りても行き先は一緒で、代理店のようなものです。販売されたフラット35の住宅ローンはまとめられて、機構債(貸付債権担保住宅金融公庫債券)とよばれる債権となり、投資家に販売されます。

フラット35のうち特に、借り換えではなく物件購入のための借入となりますと、物件が一定条件を満たせば「フラット35S」という更にお得な金利が受けられます。この金利補充は国の予算から出ています。

また上記要因のため、原則フラット35は銀行ローンとは別枠の審査となります。もうひとつ、銀行ローンは原則として団体信用生命保険付きとなっていますので、借り手が死亡すると残債も消えてなくなりますが、フラット35にはその制度は外付けとなっていますので注意してください。

3:財形住宅融資

利用できる条件が少しだけ複雑なのですが、勤務先が財形に対応している大企業勤め向けの公的ローンです。勤務先によっては利子補給が受けられます。(中小企業の方も財形があれば勤労者退職金共済機構に申し込むことで利用できます。)財形残高が50万円以上で財形貯蓄残高の10倍の額(最高4000万円)までの住宅ローンが組めます。

財形住宅融資のユニークな点は、5年固定かつ申し込み時の金利であるということで金利予約的なテクニックが使えます。平成27年10月1日現在の融資金利は0.93%ですが、子供等を扶養している家庭であれば0.2%の金利引き下げ対象となります。